Aichi Weekend Intensive Intensive Hatha Yoga Basic Lecture 2017 @ Mikawa Anjo

Map Unavailable
Aichi Weekend Intensive Intensive Hatha Yoga Basic Lecture 2017 @ Mikawa Anjo

Date/Time
Date(s) - 22/04/2017
1:00 pm - 5:30 pm

Category(ies)


ワナカムヨガスクールbyマスター・スダカー 
週末集中ハタヨガ基礎講座2017@愛知
2017年4月22/23日
 
ヨガが母国インドを離れ先進国入りして一世紀、“健康にいいはず”のヨガは“ヨガをすると体を痛める”に変わり、指導者は“痛みから学ぶものがある”とヨガ生を叱咤激励し、巷の指導者養成講座は“怪我をさせない指導法”を伝えるようになった。
けれど、本当にヨガとは“体を痛める”ものなのか? 私達は“怪我から学ぶ”べきなのか?指導者がすべきは“怪我をさせない指導”なのか? 何千年も前の先人達が研鑽し現代へ遺してくれたヨガの恩恵とはそんなものなのか?
ヨガ発祥の地インド出身のマスター・スダカーはそんな現代のヨガへの認識に異を唱える。“健康にいいはず”ではなく、ヨガは私たちに真の健康をもたらすものであり、“ヨガをすると体を痛める”どころか、ヨガは体中のあらゆる痛みを取り除いてくれるものであり、“怪我をさせない指導法”ではなく怪我から回復し治癒する指導法があるのだと、机上の空論ではなく、日本各地を周りながら毎回100名を超える参加者のヨガクラスでヨガの効能を実証し、ヨガの名声回復に腐心し続ける。
ヨガ発祥の地インドで半生をヨガと共に過ごしてきたマスター・スダカーが、古代インドから脈々と受け継がれてきたヨガをヨガとしてヨガのまま伝授する週末集中講座@愛知
単クラス、単日での受講も可能ですが、なるべく通しで受講なさることをお薦めいたします。
国内外のワークショップやヨガの祭典のクラスが告知後すぐに満員キャンセル待ちとなるワナカムヨガスクールbyマスター・スダカー、そのヨガの極意と真髄を存分にお楽しみいただける週末集中講座を是非お見逃しなく。
日時:2017年4月22/23日 土/日曜日
内容:
4月22日(土)@三河安城
① 13:00-15:00 チッタシュッディ・アンガクリヤ
② 15:30-17:30 ヨガの基礎的な練習法の基礎
4月23日(日)@名古屋
③ 11:00-13:00 ヨガの基礎的な指導法の基礎 
④ 13:30-15:30 シュクシュマヴィヤーヤマ 
価格:1クラス6800円 1日集中13000円 週末集中講座26000円
会場:4月22日(土)プラザ三河安城@三河安城
   4月23日(日)吹上ホール@名古屋市
 
4月22日(土)@三河安城
13:00-15:00 チッタシュッディ・アンガクリヤ
朝歯を磨かずに食事をしますか?
朝顔を洗わずにメイクアップしますか?
そう考えるなら、私たちはヨガのマットに立つ前に何をしているでしょうか?
体の中を浄化せずにマットの上に立つことは、前日の食器を洗わずに出来立ての料理をお皿に盛るようなものであり、ヨガアサナが体内の循環を促進するものであるならば、体の中の毒素も一緒に循環させているのです。
チッタシュッディ・マインドの浄化とアンガクリヤ・肉体の浄化をテーマにココロとカラダの関係を紐解き、アシュタンガヨガのヤマニヤマを土台に “自分のココロ”を見つめ、“自分のカラダ”と対話し、“自分自身”と向き合う2時間。
 
ヨガの本質を理解しつつ、日々の精進を怠らない姿勢を貫くことによってもたらされる自己発見こそがヨガの最大の恩恵であり、自己の内面と向き合うという精神鍛錬を怠らないことにより、アサナプラクティスに確実な変化が現れることを継続して学び続ける三河安城生に体感していただきます。
 
15:30-17:30 ヨガの基礎的な練習法の基礎
これからヨガを始める方、ヨガを始めてまだ一年未満の方、行く先々のヨガクラスで異なることを言われて戸惑っている方、もしくは、自分は身体が硬いと思っている方、そんな皆様に最適のワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーによるハタヨガ基礎講座です。
お箸の持ち方、正しい日本語の話し方、皆さんにとって“最初の先生”は今後の人生に強く影響を及ぼすことは既にご存知ですね。これから長くヨガと向き合っていくのであれば、ヨガの最初の土台作り、ヨガの正しい理解は必要不可欠です。
ドルフィン、プランク、サイドプランク、ヴィヤガラーサナ等々、ヨガクラスのウォームアップに組み込まれている基礎的練習。当たり前過ぎて、既に質問のタイミングを逃してしまったハタヨガの基礎的な練習法の基礎を、アジアで一番予約の取りにくいヨガマスターと称されるワナカムヨガスクールの設立者マスター・スダカーから直接学ぶ、またとない機会。
ヨガ初心者の方のみならず、自分の身体をきちんと理解したい方、ヨガ初心者にヨガを教えているインストラクターにも最適です!
4月23日(日)@名古屋
11:00-13:00 ヨガの基礎的な指導法の基礎 
これからヨガの指導を始める方、ヨガの指導を始めてまだ一年未満の方、行く先々の養成講座で異なることを言われて戸惑っている方、もしくは、自分の指導に自信のない方、そんな皆様に最適のワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーによる指導者向け基礎講座です。
ヴィジョンオブヨガ以外でマスター・スダカーが自身の指導法を分析し解説する名古屋初のマスター・スダカーの指導者向け講座。
参加者の9割が指導者という“指導者の盲点”と名付けたヨガフェスタ横浜2016は感動のるつぼと化し、指導者たちが感心のため息をつきながら、家路についた90分間となりました。
あの、ヨガフェスタの感動よ、再び!
初来日から6年、インストラクターを中心に本物を求めるヨガ愛好家から、日本のみならず世界各国で絶大な支持を集めるマスター・スダカー、彼の魅力を堪能していただく2時間の指導者講座。
13:30-15:30 シュクシュマヴィヤーヤマ 
あなたは自分の身体を自分の意思でどれくらい動かすことができているでしょうか?意識的に動かすことのできないパーツ、例えば背中の上部や腰だけ、あるいは股関節などに自らの意識を持って
動きを与えることは、アサナを怪我なく上達させていく上で非常に重要であり、それは“体の使い方を学ぶ“ということであり、“自分のカラダと対話する”ということでもあるのです。
ワナカムヨガスクールは、ヨガアサナの上達に欠かせない、柔軟性、コントロール、強靭さなど、アサナ及び自らに肉体的、知的かつ内面的アプローチをしていくことに重点をおきます。
シュクシュマヴィヤーヤマとは、南インドを起源にしたハタヨガをベースに、アサナそのものを感じさせずに、アサナに向けて身体と意識を整え、アプローチしていくというアサナの準備でもありマスター・スダカー独自の手法は、香港ヨガ界において「彼の過去8年間のクラスで一度として同じクラス(フロー)を経験したことがない」と言わしめるほど、流麗かつ独創的な彼独自の世界は世界中のヨガ練習生を魅了し続けています。
マスター・スダカーならではの、自らのカラダで奏でるリズミカルなフローは、皆様の今までの練習に一石を投じ、なおかつ今後のプラクティスの指針を示してくれることでしょう。
 
 
 
ワナカムヨガスクールbyマスター・スダカー  週末集中ハタヨガ基礎講座2017@愛知
2017年4月22/23日
 
■内容:
4月22日(土)@三河安城
 ① 13:00‐15:00  チッタシュッディ・アンガクリヤ
 ② 15:30‐17:30  ヨガの基礎的な練習法の基礎
4月23日(日)@名古屋
③ 11:00₋13:00  ヨガの基礎的な指導法の基礎 
④ 13:30‐15:30  シュクシュマヴィヤーヤマ 
■価格:1クラス6800円 1日集中13000円 週末リトリート26000円
 
■会場:4月22日(土)プラザ三河安城@三河安城
「プラザ三河安城」 愛知県安城市三河安城南町1丁目10-1
アクセス:東海道新幹線「三河安城駅」 JR「三河安城駅」下車 徒歩5分です。
http://plaza-ma.com/
 
     4月23日(日)吹上ホール@名古屋市
吹上ホール 9階「展望ホール」 愛知県名古屋市千種区吹上6番3号
アクセス:地下桜通線「名古屋駅」から徳重行き「吹上駅」下車5番出口徒歩5分です。
http://www.nipc.or.jp/fukiage/index.html
 
ご予約いただいた方に振込先をご連絡いたします。
ご入金の確認後、申込み完了とさせていただきます。
定員になり次第締め切らせていただきます。ご了承ください。
 
 
■予約方法: 
・メール件名 「週末集中ハタヨガ基礎講座2016@愛知 お申込み」と明記の上
・受講クラス①②③④のいずれか、もしくは全て
・お名前 ( 氏名と読み方 ) 
・電話番号
 を明記の上 info@vanakkamyogaschool.com  宛てにご予約下さい。
■レンタルマットはございません。必ずヨガマットをご持参下さい。
 【お問い合わせ】 info@vanakkamyogaschool.com
※携帯からのメールをお使いの方へ
PCからのご連絡になりますので、携帯のPCメール受信設定をお願いします。
こちらからの返信が3日程度過ぎても届かない場合、受信設定のご確認後、再度、ご連絡下さい。ご連絡が取れない場合、ご予約は成立しませんのでご注意下さい。
 
ご予約お待ちしております。

Leave a Reply