Hatha Yoga Basic Lecture 2017 @ Tokyo Part2

Map Unavailable
Hatha Yoga Basic Lecture 2017 @ Tokyo Part2

Date/Time
Date(s) - 10/07/2017
9:30 am - 4:30 pm

Category(ies)


ワナカムヨガスクールbyマスター・スダカー
ハタヨガ基礎講座2017@東京 第二弾
7月10日(月)
 
ヨガが日本に入ってきて、既に一世紀が経過しようとしております。ヨガのみならず仏教も含めて、インド発祥の文化が日本で栄えるのには両国の国民性や慣習に相通ずるものが多々あるからに他なりません。
ところが、昨今日本のヨガ界の主流は古代から伝承されるインド直伝のヨガでも日本的要a素を含むヨガでもなく、西洋から輸入されたパワーヨガや解剖学といった有様です。もちろん、一つの文化が国境を越え異文化に交わるとき、ある程度の解釈、変化は否めないと思います。しかしながら、東洋の叡智が西洋的なパワーと商業性によって元の原型を留めないほど変容していることに胸を痛めている人が多いのも事実だと思います。
 
“ヨガをヨガとしてヨガのまま伝える” そんな当たり前のことが当たり前でなくなり、 商業的な私利私欲の為に先人達が遺してくれたヨガを自己流にアレンジし見栄えよく化粧を施し形骸しつつある先進国の現状を憂い、時代や流行や人気に左右されない古典インドヨガを伝達し続ける若きヨガマスター。
インドで各賞を総なめにし 香港や台湾で絶大な人気を誇り ヨガクラスが瞬間で満員になることから秒殺の異名を取ったマスター・スダカーがヨガ発祥の地インドから遠く離れた日本へ拠点を移して丸6年、ここ日本でも各地行く先々で満員御礼の大人気。その人気の源は初来日から1㎜たりともぶれないヨガの真髄であり、古典の継承者でありながら決して古臭くないヨガの紡ぎ手だからと言えるでしょう。
 
ヨガとは一体何なのか、そして自分のヨガはどこに向かっているのか、21世紀に生きる私たちは後世に何を残すべきなのか。南インドのシバナンダアシュラムで最年少マスターとなり、既に半生以上をヨガマスターとして過ごしてきたワナカムヨガスクール設立者マスター・スダカーは、現代ヨガに警鐘を鳴らします。
単クラス、単日での受講も可能ですが、なるべく通しで受講なさることをお薦めいたします。
 
開講地:中央区立産業会館(変更の可能性あり)
日時: 7月10日 月曜日 
内容:ハタヨガ基礎講座
9:30-11:30 座・哲学講座“ニャーナヨガ”
12:15-14:15 ハタヨガプラクティス84 入門編  
14:30-16:30 ストレスからの解放としてのヴィヤガラーサナフロー
料金: 各講座 6800円 一日集中講座 20000円 (当日現金:各クラス7000円)
 
9:30-11:30 座・哲学講座“ニャーナヨガ”
ヨガの古典テキストを購入してページをめくってみたものの、難解すぎて途中で挫折してしまった方、哲学講座には今まで何度か足を運んだけれど、途中で眠くなった方、丸暗記ではない、翻訳を超えた、生きたインド哲学を、南インドのシバナンダアシュラムで最年少マスターとなり、ヨガ発祥の地インドで既に半生をヨガマスターとして過ごしてきたヨガマスターが、ヨガの古典テキストをわかりやすく読み解き、現代を生きる私達が今、ヨガを通して何を学ぶべきなのかを諭してくれる座・哲学講座
人は幼少から学校に通い、本を読み、大人になってからも学び続け、歴史や世界についての知識をどれだけ増やしても、心の平安を得られないままの日々を送っています。それは私達が、ただ自分を取りまく社会に関しての情報や知識を増やしているだけに過ぎず、自分の内側に関しての知識を持たないままだからです。自分とは何者なのか、何故この世に生を受けたのか、人生の目的とは何か、そんな問いかけを自分にすることなく、私達の目が自分の外を見つめ、私達の耳を自分の外に向けている限り、私達は心の平穏を得られないのです。
 
毎回参加者100名を超すマスター・スダカーの座・哲学講座、100名を超える参加者が2時間座って学びたいのは他でもなく、一番身近で一番わからない自分自身のこと。今回のテーマは日本のヨガ生に耳馴染みのあるサンスクリット語”ニャーナヨガ”
 
自分のマインドを通して人生を読み解く2時間。カラダとココロの関係、ヨガとは一体何なのか、オンザマットのアサナとオフザマットの座学がどう繋がるのか、ヨガ哲学をアサナで感じ、アサナをオフザマットに活かすとはどういうことなのか、皆様の日ごろのヨガプラクティスと日常生活における疑問と矛盾を一つ一つクリアにしていきます。
 
12:15-14:15 ハタヨガプラクティス84 入門編
初来日直後にマスター・スダカーが本場インドの練習法を取り入れて、怪我のない安全かつ上達への早道であるヨガの練習法を日本のヨガ生に伝授した“マスター・スダカーのアサナクリニック”、 毎回告知から1週間で満員キャンセル待ちとなったのは記憶に新しいところ。
 
けれど、基礎的な練習法と肉体とアサナへの意識がヨガ発祥の地インドとかけ離れており、体中に痛みを抱えている日本のヨガ練習生の練習と肉体を見かねて、各地でキャンセル待ちだった大人気講座をマスター・スダカー自身が一旦休止したのも、記憶に新しいところ。
代わって2013年からシニアヨガTTCやヨガセラピー講座を集中的に開講した3年間。
 
初来日から7年、満を持して、マスター・スダカーは”ハタヨガプラクティス“という新コースを開講いたします。
ヨガ練習生からヨガ指導者の方まで幅広くご参加いただけますが、指導者向けクラスではなく、あくまでも一ヨガ生として自らの体と対話する自分の為のハタヨガプラクティスです。
自分の身体と対話し、アサナを内面的に理解し、知的に練習方法を構築し、肉体的に実践するという画期的な集中連続講座。
 
皆さんはヨガアサナが840万あることをご存知ですか? 皆さんの日常のヨガの練習やクラスは両手程度のアサナで成り立っていませんか? ”ハタヨガプラクティス84“という新講座では全てのアサナの基本となる、そして効能の高い古典ヨガアサナ84に焦点を置き、アサナに至る練習法を伝授いたします。そしてハタヨガプラクティスならではのプラナヤマも実践していただく、まさにハタヨガを丸ごと体験する集中講座。
 
マスター・スダカー自身が「99%プラクティス、講義は1%のみ」と断言する本邦初の”ハタヨガプラクティス84 byマスター・スダカー”
毎回前屈後屈にひねりやバランス、逆転を織り交ぜた古典アサナとハタヨガの練習に特化したヨガ生の為のヨガ生ならではの一日を、アジアで一番予約が取りにくい”指導者の為の指導者“と称されるマスター・スダカーから学ぶ貴重にして稀少な機会をお見逃しなく。
 
マスター・スダカーは断言します、”アサナはアサナによって上達しない“と。
例えば、開脚で床に届きたいとの一心で、開脚の姿勢を数分間ホールドし、毎日練習しても、開脚が上達しないどころか、結果的には怪我をもたらすでしょう。
アサナを怪我することなく上達させる為の効果的練習方法が、マスター・スダカーの知的アプローチであり、骨格や筋肉の動きに重きを置いた肉体的な現代の西洋ヨガと一線を画し、自らの精神と身体の深い部分を連動させるインドの古典ヨガならではの繊細さと知性に溢れたアサナへのアプローチは怪我のない安全さと上達を皆さんのセルフプラクティスにもたらすことでしょう。
初心者から上級者までのすべてのヨガプラクティショナーを次のレベルへいざなってくれる新講座”ハタヨガプラクティス84″の2時間の入門編です。
 
14:30-16:30 ストレスからの解放としてのヴィヤガラーサナフロー
マスター・スダカーの来日と共に日本でもつとに有名になったヴィヤガラーサナ、虎のポーズ。 インドの虎が日本に来たら猫(キャットポーズ)になっていたという笑い話はさておき、日本の猫ではなく、本家本元本場インドの虎の効能を存分に味わっていただけるヴィヤガラーサナフロー。
日本各地で“2時間のヨガクラスでここまでヨガの効能を感じたのは初めて!”という悲鳴が続出しているマスター・スダカーのヨガクラス。 ただ汗をいっぱいかくとか、肉体の柔軟性にはたらきかけるとか、何となく終わった後すっきりするとか、そんな曖昧な効能ではなく、“現在のヨガ駆け込み寺”と行く先々で異名を取るマスター・スダカーならではの効能をお持ち帰りいただけるヴィヤガラーサナフロー。
本邦初開講の“ストレスからの解放としてのヴィヤガラーサナフロー”は、マスター・スダカーのフローで必ずと言っていいほど登場するヴィヤガラーサナ・虎のアサナ・日本でキャット&カウとして軽んじられてきたこの一見単純なアサナから展開、発展していくフロー。
フローの後の心身の変化を体感し、肉体のみならず内面への効能を手にして家路におつきください。
■日  時: 2017年7月10日(月)
■内  容: ①9:30‐11:30  座・哲学講座“ニャーナヨガ”
     ②12:15-14:15  ハタヨガプラクティス84 入門編
    ③14:30-16:30  ストレスからの解放としてのヴィヤガラーサナフロー
■会 場 :  中央区立産業会館(変更の可能性あり)
■住 所 :  〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-22-4 
■参 加 費 : 各クラス 6,800円   一日集中講座  20,000円
    (当日現金  各クラス 7,000円)
 
ご予約いただいた方に振込先をご連絡いたします。
ご入金の確認後、申込み完了とさせていただきます。
定員になり次第締め切らせていただきます。ご了承ください。
■予約方法: 
件名に【7/10 ハタヨガ基礎講座@東京】希望とご明記の上
・参加希望番号( ①②③、一日集中講座 )
・お名前 ( 氏名と読み方 )
・電話番号
 を明記の上 info@vanakkamyogaschool.com  宛てにご予約下さい。
 
■レンタルマットはございません。必ずヨガマットとブロック2個、ヨガベルトをご持参下さい。
 
【お問い合わせ】
info@vanakkamyogaschool.com
 
※携帯からのメールをお使いの方へ
PCからのご連絡になりますので、携帯のPCメール受信設定をお願いします。
こちらからの返信が3日程度過ぎても届かない場合、受信設定のご確認後、再度、ご連絡下さい。ご連絡が取れない場合、ご予約は成立しませんのでご注意下さい。
 
ご予約お待ちしております。

Leave a Reply