Hatha Yoga Practice with Master Sudhakar Part 3 @ Saitama

地図が利用できません
Hatha Yoga Practice with Master Sudhakar Part 3 @ Saitama

Date/Time
Date(s) - 03/03/2018
12:00 pm - 4:15 pm

Category(ies)


Vanakkam Yoga School by Master Sudhakar

Hatha Yoga Practice with Master Sudhakar Part 3 @ Saitama

2018 March 3

①12:00 ~ 14:00 Hatha Yoga Practice 84 – Destination of Asana

②14:15 ~ 16:15 Vyagharasana Flow for Releasing Shoulder pain

ハタヨガプラクティスwithマスター・スダカー
@さいたま
2018年3月3日 土曜日            お申込みはこちらです
現在アジアで一番予約の取りにくいヨガマスターであるワナカムヨガスクールの創立者マスター・スダカーが埼玉県民に贈るハタヨガプラクティス。

世界中で“指導者の為の指導者”と称されるマスター・スダカーがヨガ発祥の地インドから遠く離れた日本へ拠点を移して7年、ここ日本でも各地行く先々で満員御礼の大人気。その人気の源は、“現代のヨガ駆け込み寺”との新ニックネームに評されるように、古典ヨガの智慧を用いた長年抱えてきた痛みからの解放であり、快適な日常生活を取り戻せる点にあると言えるでしょう。

1クラス目の“ハタヨガプラクティス84”では、840万あるアサナの内でも効能の高い古典ヨガアサナ84に焦点を置いて、アサナに至る練習法を伝授いたします。2クラス目の“肩凝り解消としてのヴィヤガラーサナフロー”では、クラスの後の肩と上半身の軽さに驚いて家路におつきいただきます。

単クラスでの受講も可能ですが、是非1日通しでの受講をお薦めいたします。

ヨガ初心者の方のみならず、後屈が苦手なヨガの練習生、ヨガの効能をきちんと理解したい方、ヨガインストラクターにも最適の一日集中講座です!

■日時:2018年3月3日(土)
■内容:ハタヨガプラクティス
⓵12:00-14:00 ハタヨガプラクティス84 – アサナの行方
⓶14:15-16:15 肩凝り解消としてのヴィヤガラーサナフロー

■会場:さいたま市民文化センター

⓵【12:00-14:00 ハタヨガプラクティス84 – アサナの行方】

初来日直後にマスター・スダカーが本場インドの練習法を取り入れて、怪我のない安全かつ上達への早道であるヨガの練習法を日本のヨガ生に伝授した“マスター・スダカーのアサナクリニック”、 毎回告知から1週間で満員キャンセル待ちとなったのは記憶に新しいところ。

けれど、基礎的な練習法と肉体とアサナへの意識がヨガ発祥の地インドとかけ離れており、体中に痛みを抱えている日本のヨガ練習生の練習と肉体を見かねて、各地でキャンセル待ちだった大人気講座をマスター・スダカー自身が一旦休止したのも、記憶に新しいところ。

代わって2013年からシニアヨガTTCやヨガセラピー講座を集中的に開講した4年間。

初来日から7年、満を持して、マスター・スダカーが開講する新講座“ハタヨガプラクティス84”、皆さんはヨガアサナが840万あることをご存知ですか? 皆さんの日常のヨガの練習やクラスは両手程度のアサナで成り立っていませんか? この講座では全てのアサナの基本となる、そして効能の高い古典ヨガアサナ84に焦点を置き、アサナに至る練習法を伝授いたします。そしてハタヨガプラクティスならではのプラナヤマも実践していただく、まさにハタヨガを丸ごと体験する集中講座。

毎回前屈後屈にひねりやバランス、逆転を織り交ぜた古典アサナとハタヨガの練習に特化したヨガ生の為のヨガ生ならではの一日を、アジアで一番予約が取りにくい”指導者の為の指導者“と称されるマスター・スダカーから学ぶ貴重にして稀少な機会をお見逃しなく。

マスター・スダカーは断言します、”アサナはアサナによって上達しない“と。
例えば、開脚で床に届きたいとの一心で、開脚の姿勢を数分間ホールドし、毎日練習しても、開脚が上達しないどころか、結果的には怪我をもたらすでしょう。
アサナを怪我することなく上達させる為の効果的練習方法が、マスター・スダカーの知的アプローチであり、骨格や筋肉の動きに重きを置いた肉体的な現代の西洋ヨガと一線を画し、自らの精神と身体の深い部分を連動させるインドの古典ヨガならではの繊細さと知性に溢れたアサナへのアプローチは怪我のない安全さと上達を皆さんのセルフプラクティスにもたらすことでしょう。

初心者から上級者までのすべてのヨガプラクティショナーを次のレベルへいざなってくれる新講座”ハタヨガプラクティス84″、埼玉初登場。

⓶【14:15-16:15 肩凝り解消としてのヴィヤガラーサナフロー】

股関節に気付きがないまま日常生活を送るのみならずヨガをすることで、健康に良いはずのヨガにおいてさえ、腰や膝という関節に痛みを生じさせている日本人が多いことに来日早々気付いたマスター・スダカーは、日本のヨガ界に”ヒップオープニング“をもたらした立役者でもあります。

開脚という言葉と練習法が脚光を浴びたこの一年でしたが、ヨガにおいてヒップオープニングという概念は実はマスター・スダカーの来日と共に日本にやってきました。

日本のヨガクラスでキャッツ&カウ(猫と牛のポーズ)として、クラス前のウォームアップ程度に扱われてきたいわゆる四つん這いのポーズ、インドではヴィヤガラーサナという立派な名前のついたアサナです。語源は虎、猫でも牛でもなく、虎、です。マスター・スダカーと共に来日を果たしたこのインドの虎・ヴィヤガラーサナですが、ヒップオープニング以外にも効能満載。まさに万能薬のような優れものアサナです。

前回は腰痛の方の為のウシュトラーサナというラクダのポーズの新しい側面と魅力を大宮に紹介したマスター・スダカーが、今回は肩凝りでお悩みの方の為にヴィヤガラーサナ・虎のポーズの効能をとくと2時間ご紹介いたします。

マスター・スダカーの片言の日本語交じりのヴィヤガラーサナをテーマにしたフロー、もちろん日本語の通訳付きですが、帰宅後もしばらく頭から離れないのはマスター・スダカーの調子っぱずれな発音のせいだけではなくて、長年同居してきた首や肩の重さや不快感を感じない驚きのせい。

香港で教鞭を取ってから8年、一度として同じクラス、同じフローを繰り返したことがないという、フローの天才の異名を取るヨガマスターならではのクリエイティブな一期一会のフローを大宮で体感しませんか?

■価格:1クラス 6,800円  一日集中講座 13,000円(当日現金各クラス7,000円)
■会場:さいたま市民文化センター 多目的ホール

住所・アクセス  さいたま市南区根岸1-7-1 南浦和駅から徒歩7分

*お申込みはこちらから

http://booking.vanakkamyogaschool.com/products/detail.php?product_id=87

レンタルマットはございません。必ずお持ち下さい。

【お問合せ先】info@vanakkamyogaschool.com

*info@vanakkamyogaschool.com より受信できる
メールアドレスをご利用ください。
フィルタの精度が上がっており、携帯メールに届かないことが多くみられます。
PCアドレスのご利用を推奨いたします。

※携帯からのメールをお使いの方へ
PCからのご連絡になりますので、携帯のPCメール受信設定をお願いします。
こちらからの返信が3日程度過ぎても届かない場合、受信設定のご確認後、再度、ご連絡下さい。ご連絡が取れない場合、ご予約は成立しませんのでご注意下さい。

ご予約お待ちしております。

コメントを残す