ヴィジョンオブヨガ生のブログから

”そしてクラス開始、いつものマスター・スダカー節炸裂!
“初心者とは?”の問いかけから始まり、自分の内側での指示系統が整って、自分の良心が出した指令を心がそして身体が言うことを聞かない内は皆初心者なのだと、怠惰や快適に流され、自分を甘やかしている限り、私たちは初心者なのだと、身に染みるお言葉を頂戴。

そして、自分の心や身体さえ制御できていない私達の発言に、他者が従うわけもなく、だから家庭内、職場、社会で諍いが絶えないのだと、思わず参加者全員頭を縦に振るのみ。

毎度のことながら、マットの上のアサナをここまで哲学的、社会的に包括できるヨガマスターをわたしは他に知りません。 日本にはアサナマスターと称してアサナを教えてくれるコーチや、哲学専門家といった先生はいるけど、ヨガをヨガとして包括して何故マットの上のアサナがマットの外と結びつくのか、を借り物の言葉ではなくしかと納得、体感させてくれるのは、現在このマスター・スダカーだけなのではないかしら。

アサナとはヨガとは、1時間のマットの上に限定されないのだということを、毎回言葉と例えを替えてマスターから教わっていることに、このインド人マスターが遠い異国の日本に真剣にヨガを伝えようと毎回足を運んでくれていることに、心からの感謝!”
http://www.yogamaga.com/yoga-djs/5990.html

コメントを残す