2019.10.6 ハタヨガプラクティスwithマスター・スダカー@東京

座・哲学講座はマスター・スダカーがリードし、
ヨガクリニック110は参加者の質問がクラスをリードする。
そんな思い込みと区分を「ヨガはヨガだ、勝手に分けるな」と、
マスター・スダカーを通してヨガの神様が笑い飛ばしているかのように、
この日の座・哲学講座は、参加者の質問がクラスを構成するといった
座・哲学講座史上初の参加者の質疑応答の時間となったのである。

座・哲学講座“ヨガ的な日常”

は 、”座・哲学・実践講座” と呼ぶ方が相応しい。
150名の参加者が各々の人生で抱えている痛みや
単純な疑問だったり、不安や不快感を持ち寄っては
マスター・スダカーがヨガの視点から回答を与える場所。
ヨガ的な日常のヒントは、質問した人だけの回答のわけもな
参加者が一様に「ヨガ的な日常の気付き」を家庭へと持ち帰る時間。
マスター・スダカーは全ての質問にヨガ的な回答をした後に一言
「今日聞いたこと見たことを、実践するかしないかは、皆さん次第」と言った。

2クラス目は

”ヨガの基礎的なセルフプラクティスの基礎”

お家で出来る簡単なこと、を想像していた参加者は、
まだまだ、マスター・スダカーをご存知ないらしい。
師の目前で師がミスを見出してくれるクラスでなく
家で一人で練習するのがセルフプラクティスだから
その練習が通常のヨガクラスより”楽”なわけもなく。。

みっちりきっちり基礎の基礎から徹底的に叩き込む、
それが “ヨガの基礎的なセルフプラクティスの基礎” !

今回は”99クラブ”というわかりやすいインドの小話を元に
”呼吸と自分” „神と自分” の関係性に新たな気付きを得た後の
“ヨガの基礎的なセルフプラクティスの基礎” での気付きも半端なく。。
”知っている” ”わかっている” という思い込みを容易に飛び越えさせてくれる
座・哲学講座から始まる一日集中講座にご参加いただき有難うございました!
今年、マスター・スダカーから東京にいながらにして学ぶ機会は二回のみです!
どちらもお見逃しなく!!

11月30日(土) 太陽礼拝108フロー  詳細はこちらをクリック
12月15日(日) ハタヨガ基礎講座   詳細はこちらをクリック