詳細はこちら

2020.07.23セラピーとしての太陽礼拝 2夜連続@東京 2020夏 ※残席僅か

開催日時

セラピーとしての太陽礼拝 2夜連続@東京 2020夏

723日(木・祝)18:00-20:00 循環機能向上の為のパーダハスターサナフロー

7月24日 (金・祝)  18:00-20:00 首・肩凝り解消としてのアシュタンガナマスカーラフロー

内容

ヨガが母国インドを離れ先進国入りして一世紀、“健康にいいはず”のヨガは“ヨガをすると体を痛める”に変わり、指導者は“痛みから学ぶものがある”とヨガ生を叱咤激励し、巷の指導者養成講座は“怪我をさせない指導法”を伝え、昨今“ヨガ保険”なるものが登場する有様。
けれど、本当にヨガとは“体を痛める”ものなのか? 私達は“怪我から学ぶ”べきなのか?指導者がすべきは“怪我をさせない指導”なのか?“ヨガ保険”などという不名誉極まりないレッテルはヨガに相応しいのか?何千年も前の先人達が研鑽し現代へ遺してくれたヨガの恩恵とはそんなものなのか?
ヴィジョンオブヨガ開講中にヴィジョンオブヨガ開講地で開講される二夜連続のハタヨガ基礎講座で、ヨガ発祥の地インド出身のマスター・スダカーはそんな現代のヨガへの認識に異を唱えます。
“健康にいいはず”ではなく、ヨガは私たちに真の健康をもたらすものであり、“ヨガをすると体を痛める”どころかヨガは体中のあらゆる痛みを取り除いてくれるものであり、“怪我をさせない指導法”ではなく怪我から回復し治癒する指導法があり、“ヨガとは正しく理解して練習すれば、万能薬なのだ”と、机上の空論ではないことを実証し、ヨガの名声回復に腐心し続けるマスター・スダカーならではの、満員キャンセル待ちとなった春の夜ヨガクラスに続いて、二夜連続のセラピーとしての太陽礼拝2020夏編。
春編が”腰痛セラピーとしてのブジャンガーサナフロー“と”内臓機能向上の為のアシュワサンチャラーサナフロー“ならば、夏編は “循環機能向上の為のパーダハスターサナフロー”と”首・肩凝り解消としてのアシュタンガナマスカーラフロー“、どちらも本邦初登場!

会場

新宿村スタジオ

■住所:
〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-1-2
■アクセス:
・地下鉄丸ノ内線 「西新宿駅」から徒歩7分
・地下鉄丸ノ内線、大江戸線 「中野坂上駅」から徒歩8分
・各線「新宿駅」から徒歩20分

講座費用

各クラス
7,000/ 円
各クラス 7,000/ 円

関東
友だち追加

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。